合宿免許はどのように変化したか

自動車の運転免許やバイクの運転免許を取得するのに、地元の自動車教習所に行かなければならないわけではありません。

昔から、合宿免許があります。


合宿免許を利用することで、短時間にそして楽しく免許を取得することができます。

昔の合宿免許をしている人は、あまり魅力的に感じないかも知れませんが、最近の合宿免許は非常にユーザーに気に入るような顧客重視の姿勢を貫いているのが特徴です。

これは、昔に比べると運転免許証を取得する人が少なくなったからです。
運転免許証を取得する人が減少した理由の一つは、少子化にあります。



18歳以上で自動車の運転免許を取得することができますが、単純に考えれば18歳になった年齢の人数が減少してくれば、当然免許を取得する人数も減少します。

また、不景気になったことにより運転免許証をわざわざ取得しようと思わない人も出てきました。

そのため、教習所においても人数が少なくなり収益が見込めなくなると、次第にやり方を変えていくしかありませんでした。

そこで行き着いたのが、顧客重視の方法です。



最近は、宿泊場所がリゾート地など、顧客にとって魅力的なサービスを提供しています。

ソフトクリームが食べ放題の場所や、ネイルサロンを併設されている場所、また温泉に入りたい放題の場所など、運転免許証をすでに取得している人でもうらやましがるような環境が整っています。このように、時代の変化とともに教習所は変化していきます。



将来的にも免許証を取得する人が減少することが予想されますので、さらに充実したサービスが提供されると予想できます。