合宿免許と通学免許の違いについて

自動車の運転免許を取得するには、基本的には教習所に通う必要がありますが、その方法には合宿免許と通学免許の2つがあり、それぞれに違いがあります。

合宿免許とは、教習所が指定した宿泊施設に滞在しながら短期集中的に免許の取得ができるという方法であり、一方の通学免許とは、自宅から教習所へ通学しながら免許の取得を行うという方法になります。
ですので両者の最も大きな違いは、文字通り「合宿しながら教習を受けるか、それとも通学しながら教習をうけるかの違い」になると言えるでしょう。ですので、合宿の場合は、ある程度まとまった休暇(2週間程度)が必要になりますが、通学の場合は、自分の都合の良いときに通えるという特徴があると言えます。
次に挙げられる両者の違いは、「免許取得までの期間の違い」です。



通学免許の場合は3ヵ月程度かけて取得するのが一般的ですが、合宿免許の場合は2週間程度で取得が可能なため、かなり短期間で済むと言えるでしょう。



ですので、とにかく早く免許を取得したいと言う場合は、合宿の方が向いていると言えるでしょう。



さらに挙げられる両者の違いは、「料金相場の違い」です。

通学免許の場合は30万円程度かかるのが相場だと言われていますが、合宿免許の場合は20~25万円程度が相場(20万円以下のケースもあり)だと言われています。
それに合宿の方の料金は、宿泊費や食費等も込みの料金になっているため、それを考慮するとかなり安いと言えるでしょう。
ですので合宿免許は、とにかく安く済ませたい場合にも向いていると言えます。